ページ内移動用のリンクです


安全管理 環境・品質 健康

安全管理 環境・品質 健康

安全管理方針

当社は、管理船舶「オイルタンカーおよびLPG船」の運航において「安全運航第一」の基本理念に基づき、海上における安全と海洋環境保護を確実にするための安全管理方針を定めた。

基本方針

安全がすべてに優先する最も重要な判断基準とし、労働災害ゼロ、油濁・環境汚染ゼロ、事故ゼロの達成に向けた継続的改善に努める。

行動指針

  1. 船舶運航時の安全な業務体制および安全な作業環境を確保する。
  2. 船舶、人員および環境に関して予想される全ての危険の予防処置を確立する。
  3. 法令、規則を遵守する。
  4. 人材育成及び作業環境を含む経営資源の最適配分に努める。
  5. 緊急事態への準備を含めた陸上および海上従業員の安全管理技術の継続的改善に努める。

私は、システムの運営に対して全責任を負い、システムに関係する全ての陸上および海上従業員に「安全管理方針」を遵守することを強く要請する。

私は、当社管理船舶の安全および環境保護に十分な経験と知識を有し、且つ、システムを十分に理解している役員を管理責任者に指名し、システムの責任と権限を委譲する。

2020年10月1日
ENEOSオーシャン株式会社
代表取締役社長 廣瀬 隆史

環境・品質方針

当社は、管理船舶「オイルタンカーおよびLPG船」の「海上輸送サービス」において、安全運航第一の基本理念に基づき、海上における安全と環境保全のために環境・品質方針を定めた。

  1. 地球・海洋環境を保護及び汚染防止のため、省エネルギー、省資源、リサイクルに積極的に取り組み、環境に配慮した物品の調達、環境に優しい技術の採用を推進、廃棄物の低減に努める。
  2. 環境及び品質に係わる法的要求事項及び会社が同意するその他の要求事項を遵守する。
  3. 顧客要求事項を満たすために信頼性の高いサービスを提供する。
  4. 環境及び品質の目標を制定し、これらを達成するためのプロセスの改善に努める。
  5. 人材育成及びプロセスの運用に関する環境を含む経営資源の最適配分に努める。
  6. マネジメントレビューを実施し、システムの継続的な改善に努める。

私は、システムの運営に対して全責任を負い、陸上及び海上従業員とのコミュニケーションを確保すること、並びに顧客の要求事項を確実に履行することを誓う。システムに関係する全ての人々に、「環境・品質方針」を遵守することを強く要請する。

2020年10月1日
ENEOSオーシャン株式会社
代表取締役社長 廣瀬 隆史

健康方針

当社は、ENEOSグループ会社の一員として社会的責任を果たしていくためにその行動基準に従い、健康方針を定めた。

労働衛生

私たちは、労働衛生の継続的な発展のために、外部と協力して情報収集・発信を行うとともに、事業活動に伴う健康障害リスクを特定し、評価を行い、そのリスクを抑制する対策を推進します。

個人の健康

私たちは、働く人の健康は企業の継続および発展の基盤であるとの認識のもと、心身の健康を維持・増進するための取組みを積極的に支援し、健康確保のための努力を尽くします。

2020年10月1日
ENEOSオーシャン株式会社
代表取締役社長 廣瀬 隆史